スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C88のお知らせ

皆さま、お久しぶりです…
ブログの更新はかなり久しぶり…なΦ太です。

今回は、残念なお知らせです。

サークルKOSMONAUTは3日目S23-aに参加いたします。
が、開発遅延により、新刊を用意することができませんでした。

今回は、既刊「怪獣憑きの少女」を少部数と、メイングラフィッカーのくじらジオくんが夏コミ用に書いた(ものの、落選してしまい、夏コミで頒布ができなくなってしまった)艦これ榛名本
「Crevasse ~僕と榛名のシュウセン記念日~」を頒布いたします。(R18です!)
040030326165-1p.jpg

現在、サークルKOSMONAUTでは、サークルメンバーが各方面で活動しており、中々サークルでの開発が進まないという状況になっておりますが、サークル「KOSMONAUT」は活動を続けていきますので今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト

新ジャンルエグ萌え

どうも くじらジオです

いや、寒いですね、年末ですね、師走ですね
自分暑いのは結構平気なんですけど寒いのホントダメ
この前もシナリオのふぁいたそしてサークルinfinity-sのいんふぃさんと飲んだ後、ふぁいたに泊まってけばと言われたんですけど「寒いから」と丁重にお断りしましたw
春から夏にかけては無理矢理にでも泊まっていったのにこの変わりようよwww
あ、いんふぃさん今度壁サークルなんすね、すげー

そんなことより新作情報だせよ!って言われそうですが…次の夏コミに向けて制作してますのでそのあたりの時期になれば随時お知らせしてきます^^

それまでは日々の徒然を書き連ねていく所存です

今日は今日で偶然みつけた動画を二つ(実質一つ)を紹介したくあります

というわけでどん
ナミナキチルリ

アーティストが好きで関連動画を探していて見つけた動画です。
歌はもちろんその映像の美しさになんじゃこりゃぁああああ!!となって元ネタ動画を探しました
それがこれチルリ

なんでも23回CGアニメコンテスト入選作品だそうで、制作者の川サキさんは実際に音楽PVなどで活躍されているそうですね

えー私は考察厨を自負してる部分がありまして…まぁわたしの考察なんてこの前の楽園追放レビューレベルのもんなんですが…
例に漏れずこの映像も考察しまくっしゃいましたよwww
んで自分なりに発見した解釈に浸ってホロリとするのがわたしの作品の楽しみ方。

まぁだからその考察解釈についてだらだらと書き連ねてもいいんですが…あんま書いても無粋なのでとりあえず一言

エグ可愛いぞ!この娘!

新ジャンル「エグ萌え」に目覚めたわたしです。エグくて可愛いという意味ですね

もう…瞳からヘドロの涙を流しまくるところなんて半端なく可愛い…俺もprprしたいgkgkしたい…
悲しみに暮れる誰かの涙を拭ってあげたいよォォおおおおおお!!

たぶんね、これ女の子の立場になった人って結構いるんじゃないかな?
すごく悲しくて悲しくて悲しくて仕方ないときに、誰かに励まされて慰められて救われたって感じたことのある人

まぁだれかじゃなくてもいいや、何かでもいいや、つか俺はエロゲだっだしなんでもいいよ
もっというならクロスチャンネルってエロゲね

不思議なのは女の子の立場になった人間は結構いるはずなのに、男の子の立場になったことのあるって自覚のある人間ってどんだけいるのかな…という疑問
普通に考えたら救われた人間がいるなら、救った人間も同等数いるはずなんだけど…恥ずかしながらわたしは女の子の立場になった覚えはあっても男の子の立場になった覚えはないですね…

それは何故か、理由の一つは一人の人間が複数の人間を救っているから?
あー確かにこう考えれば救われた人間よりも救った人間の方が多くても納得ね

でもね、わたしは違う説を言っちゃうの
人を救った事って救った側のの人からは大したことないんじゃない?だからすぐ忘れちゃうんじゃない説

えー例えばですね、わたしが小学生の頃上級生に苛められたときに、兄貴が颯爽と駆けつけてくれた事があったんですが、高校ぐらいのときにその話をしたところ彼は全然覚えてなかったですねー
後、大学時代ですかね…女の子から恋愛相談?を持ちかけられてっても永遠と愚痴を聴いてるだけでわたしは適当に返事してただけなんですが、その後その女の子の友達周りですごい俺の評判があがっていた事があったり…

つまり何が言いたいかというと
気が付いてないだけで、俺らってすげー人の役に立ってりるんじゃね?
ということ

自分としてはやりたいことをやっているだけだったり、適当に生きているだけだったりしても、実はそれにはすごい意味があって人の役に立っているってこともあるかもしれない

そう考えれば、なんかポジティブになれるきせぇへん?

だからね、私たちもね知らない誰かの役に立てばいいなぁ…とかおもいながら今はゲームを作っています。
今度の冬コミは完全一般参加ですが、その次のコミケでは新作を携えていく気満々ですので。
是非その時を待っていていただきたい!!!!


おわり

楽園追放感想 その2

というわけで前回の続き

宇宙を目指すフロンティアセッターに対し、宇宙への情熱興味、その一切を失ってしまった現人類
これはまさに現実世界の宇宙開発打ち止めの状況を示唆してますね

作品世界でも現実世界でも宇宙開発の規模が縮小ないし、停止してしまった理由はコスト面の問題が大きいですね
それだけの労力をさいて宙を目指す、利益がない旨みがない意味も価値ももはや見いだせない
そういった理由でしょう

自我が目覚めたとは言え、プログラムに従って合理的に物事を判断しそうなロボットだけがその非合理をよしとしたのは興味深いですね。皮肉が効いてます
いや、プログラムに従うしかないから始まりの命令を忠実に守っただけかもしれませんが

フロンティアセッター、は人を宇宙に導くことを使命と考えながら、誰ひとり彼と一緒に宇宙に行くことはなかったですね…
それがひたすらに悲しいです
せめて彼が彼自身の為に宇宙を目指したのであればまだ救いがあったというのに…


やはり宇宙なんて荒唐無稽なものは人類が目指すべきものではなかったのでしょうか…
そんなものに労力を割くぐらいなら、現実世界で起きている様々な問題にその労力を向けたほうが人道的で道徳的で価値のあることのはずだ。
実際現実世界でも作品世界でもそのような形で宇宙開発は縮小していったのでしょう。
確かに、飢餓や貧困で苦しんでいる人々を尻目になんの旨みもない宇宙を「ロマン」だとかいう曖昧模糊な感情をもって目指すのはずいぶん非人情で不自然な状況な気もしますね

ただ私は声を大にしていいたい
宇宙に人が焦がれ続ける限り、人は宇宙を目指すべきであると

理由は簡単です。行きたいですもん、気になりますもん宇宙。それをどうしたって目指したいって思う人は絶対いるでしょうし。私はそれを応援したい。つか他人がその意思をくじいちゃいけないですよ。

皆さん想像してください。
皆さんも小さい頃、何か大きな夢とか漠然とした何かになりたいという強い気持ちがあったと思います。
スポーツ選手だとか、芸能人だとか、総理大臣だとか日本大統領とか

何故、その夢をいつしか持てなくなったのか
それはその夢が叶わない、もしくは叶えてはいけない理由を見つけてしまったからではないでしょうか
その理由を私たちに示したのは両親、友人、教師…それとも自分自身でもあるかもしれません。

社会や自分がいろいろと理由をつけて、私たちから夢をみる力を日々奪っていきます。
夢見る力を奪われた社会は活力をなくし、明日を生きる力さえも沸かなくなってしまうのではないでしょうか。
私はそんな生きてるだけの社会で生きていたいとはあまり思えません。
そんな社会に守る価値、救う価値を見いだせない人も大勢出てくるでしょう。そうなれば結果的に飢餓や貧困問題だって解決されることはなくなってしまいます。
だから私たちは、人々が夢を見ることができる社会を作っていかなくては、守っていかなくてはならないとかそんなことを思ってます。私たちがこの世界を好きで有り続けるために

だから宇宙は必要なんです。
私たちが明日を夢見ていくだめにも。この世界が子供たちにとって生きていきたいと思える世界であるためにも

宇宙を目指すことを肯定する世界は
あらゆる夢が叶う可能性を提示している社会でもあるのです。

そういう意味合いもあって、このサークルの名前も「コスモナウト」と命名しました。
いい名前でしょ
私もそう思います。


まぁー「楽園追放」を見てこんなことを思いましたーとかそんな感じです
長文失礼おば

CG担当のくじらジオでしたー

楽園追放みてきました~

どうもくじらジオです

いや~見て来ましたよ鋼の錬金術師の監督水島精二さん、魔法少女まどかマギカの脚本虚淵玄さんのタッグ映画「楽園追放」

そのね、感想みたいなのをね、うちの新作ゲームとね絡めつつお話していこーかなと思ってます。

まず感想
SFあるあるを詰め込んだ贅沢料理といった所でしょうか

電子化された人類
見捨てられた地球
情報にすげ替えられた娯楽
自我に目覚めたAI
楽園とは名ばかりの管理社会
ケツ丸出しのピチピチパイロットスーツ
そして宇宙

SFにある程度精通している人間ならば、一度は目にしたことがあるSF王道展開が二時間程の映画にこれでもかと詰め込まれてましたね

特に私が好きなSFテーマってディストピアものなんです
だからこの「楽園追放」はタイトルからして私の琴線に触れまくりングでした。(ちなみに新作ゲームもサイバーパンクでディストピアものです)

さて、この作品では三人の重要キャラクターがいて、さらに人間には三つの可能性が提示されていました
重要キャラクターはそれぞれ人間の三つの可能性を代弁する存在として描かれていますね

電脳世界ディーバの上級階級であり、何不自由なく生活している情報生命体、アンジェラ・バルザック(声 釘宮理恵)
地上世界で野性的、旧時代的で過酷な生活を送っている地球人、ディンゴ(声 三木眞一郎)
地上でロケットを作り、宇宙進出を使命と考えているロボット、フロンティアセッター(声 神谷浩史)

電脳、現実、宇宙

人間はどの世界で生きるべきか
三者三様の見解を示していて、それぞれの考えに理がありました
まぁアンジェが論破され気味でしたけど、ディンゴの理屈も電脳も現実も対して変わらないって理屈だから現実>電脳とはならないよなぁ…

で、私が一番問題視したいのは宇宙を重要視している存在がロボットであるフロンティセッターしかいないという点です。
電脳世界ディーバは出世競争こそ激しいが、最低限の衣食住は保証されてそうだし娯楽も充実してることもあった多くの人々が住んでいる。
対して地上世界は生活こそ旧時代的で技術レベルも低いが、未だ多くの人々が暮らしているしそれなりに楽しくしてる人もいそう
地上、電脳この二つの世界はどちらも現人類からある程度の支持を受けているわけです。

そんな中ロボットフロンティアセッターは地上、電脳全ての人類に対して言います「一緒に宇宙に行こうぜ!!」と
しかし賛同者は皆無…アンジェラにも拒絶され、彼は彼の愛した人の愛した歌を拠り所にたった一人で宇宙へと旅立って行くのです

…あれ?これってバッドエンドじゃね?

地上の人類は見るからその進化に行き詰まってます。なんかわけわからんモンスターもいるし…電脳化して逃げたくなるぐらいには終わってる感じです
電脳世界ディーバは官僚制の硬直と行き過ぎた競争社会、で意味や価値というものが狭窄的になってしまし人間として幸福が失われつつあります

つまり、この世界ってもう終わってるじゃん…

それをなんとかしようとした唯一の存在がフロンティアセッターだけって
そして完成したロケットにも誰も乗ろうとしない…悲しすぎる

かつて宇宙とはロマンの塊だったはずです。かつて人類は現実でも宇宙を目指し、いつか誰でも宇宙に行ける時がくるのだとそんなことを皆さんも思ったのではないのでしょうか?
しかし現実世界で宇宙開発は実質打ち止め状態です。かつての技術とロマンの最先端は今や誰も見向きをしなくなりまし
た。
楽園追放はそんな宇宙へのロマンを失ってしまった我々のノスタルジーを喚起させる作品でした。

さて、そういえば現実世界でもこの楽園追放の世界でも宇宙というものの価値は殆ど認められてません
なぜでしょうか?

コストがかかりすぎるから?
宇宙に人類にとって有用な資源がある望みが薄いから?
他にやるべきことがあるから?

こんなところでしょうか?

確かに宇宙開発には莫大なお金がかかります。
しかも、それだけのお金をかけても宇宙開発に見合うだけの旨みが社会にもたらされたかというと、ぶっちゃけ全然ない気がしますね
そんなことより、飢餓や貧困、環境問題や世界平和の為にそのお金を使えばどれだけの人の生活や命が救えたかわかりませんね
宇宙開発を辞めるのも致し方のないことです。

ですが
それでもフロンティアセッターは宇宙を目指しました。終わった地上を省みるでも、電脳化した人々をたしなめるでもなく
誰もが意味を認めなくなった浪漫の残照を信じ続けました。
同じように現実世界でも規模こそ縮小されましたが、それでも細々と宇宙を目指す人は確かに存在します。

彼らは愚かでしょうか。飢餓や貧困、環境問題、世界平和に興味のない非情な人間でしょうか。

いや、そうじゃねーだろ
絶対にそうじゃない

なんで違うかっていうと…

長くなるので今度ですね、眠いですすいません

とにかく「楽園追放」おもしろいよ!!みんなも見るべきだよ!!


おわり


いい動画を見つけたので紹介します^^

「思うは招く」


どうもCG担当のくじらです^^
いきなりなんぞ?とおもわれたkかもしれませんが、、まぁ騙されたと思って見てくださいな^^

夢をおいかける事の大事さとか、信念とかーまぁ私がいうと説得力がないんですがww
このまるっこいおっさんの話すことは多くの人が感銘を受けるかと思います。

いやぁ…とはいうものですね、わたし達のサークルがゲームを作ってるのも
このちっこいおっさんがロケットを作っているのと同じ…そう

世界平和のためだったのです!!


なっ…なんだってぇぇぇーーーー!

いや、これマジホント
すくなくともジオはそうなの、うんマジでマジ、ホントにマジで


みんなが夢をあきらめずに、好きなことを堂々と好きだと言って、そのために邁進するのならそんな世界で戦争なんてくだらなくてやってらんねぇよ
そんなことしてる暇あったらゲームつくるべよ、ロケットつくるべよ

ホント

というわkえで夢と平和の為に今日もゲームを作っています我らがKOSMNAUT!新作の情報も少しづつ開示されるかもしれないからみんな注目してくれよな!

ではバイビー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。